集客力

 

このページでは、集客力のある集客方法を解説していきます。

集客の方法には、実際に足で稼いだり、リアルで営業を行う集客方法。

そして、インターネットを利用した集客方法があります。

 

 

その集客方法の特徴と反応はどれくらいあるのかそれぞれ詳しく見て行きます。

ページの最後に集客力のある方法について解説していきます。

 

 

はじめに、リアルな集客方法にはどのようなものがあるか解説していきます。

 

チラシのポスティング

チラシのポスティングは地域に絞った集客を目指したり、個人経営の人でも、すぐにでもできる方法です。

チラシを作成するのに、自分で行う事もでき、プリンターがあればその場でもすぐポスティングができるので、お手軽な集客方法かもしれませんね。

 

地元で行う商売などには、向いているのがこのポスティングです。

チャッチコピーなどで、見込み客に響くフレーズを入れることで、反応率が変わることがあります。

 

あなたの自宅のポストに広告が入っていた時にゴミ箱にすぐ捨てるチラシと目にとまるチラシがありませんか?

身近な所からチャッチコピーのヒントが得ることができます。

 

特徴は、短期、速効性、地域密着、個人向きです。

集客力:反応率の目安は0.1%以下と言われています。

 

新聞の折込チラシ

新聞の折込チラシは昔から馴染みのある集客方法ではないでしょうか。

チラシを作成依頼したり、または作成して新聞の折込に入れてもらえば、新聞に挟まれて見込み客の元へと配られることになります。

 

新聞の折込チラシでの注意点は、新聞を購読する世代とあなたが取り扱っている商品の対象がマッチしているかどうかです。

例えば、20代が着る洋服を取り扱っているところが、新聞の折込チラシを入れたところで、反応率はガクっと下がるでしょう。

20代の人が新聞の折込チラシをみるかどうかを考慮して発注していくべきです。

 

特徴としては、速効性、地域密着、中高年齢層をターゲットにした集客方法です。

集客力:反応率の目安は0.1%以下と言われています。

 

飛込み営業

飛び込み営業は足で稼ぐ営業として浸透しています。

新規顧客を獲得する為の集客方法と言うよりは、既存の顧客にリピートしてもらったり、以前のお客さんに呼びかけていく場合に有効な手段です。

 

全く的外れな見込み客を狙うよりも、ある程度的を絞り飛込み営業をすることで成約率も上がってくるものです。

 

特徴としては、地域密着型、リピーター向けです。

反応率としてのデーターはありません。

 

セールスレター

セールスレターは営業トークを手紙にしてお届けすることです。

セールスレターを送り成約に繋げて行くのはとても大変なことです。

 

セールスレターの基本はダイレクトレスポンスマーケティングです。

どのようにしたらセールスレターを読んで貰えるのか。

これに尽きます。

 

そこで代表的な例として、自宅や会社に届くセールスレターを見ていただくと良いです。

その中ですぐにゴミ箱行きになるセールスレターと読みたいと思われるものがあるはず。

読みたいとおもうものを参考にしていきましょう。

 

特徴としては、速効性、地域密着、新規〜リピーターをターゲットにしています。

 

集客力:反応率の目安は3%以下と言われています。

 

ニュースレター

ニュースレターは売り込みを中心にしたものではなく、個人や起業のブランディング力を高めていくために行います。

ぼくの契約をしている生命保険会社の担当の方が半年に一度送ってくれる『◯◯新聞』←(◯◯には担当者のあだ名が書いてあります。)が毎回楽しくて、見逃さずにチェックしています。

 

多分、この担当者の保険の解約はしないと思います。

もちろん、ニュースレターだけの効果ではありませんが、年に1度会うか会わないかの人なのに、親近感が湧くのですから不思議なものです。

 

特徴としては、中・長期継続を目指す。ブランディング力向上が目的になります。

 

集客力:反応率をとるものではありませんが、確実に契約の継続や紹介などに繋がるものになります。

 

店舗営業

店舗営業はお店を出して行う集客方法です。

店舗を出す事で明確にどんなことを行っているのかを、見込み客に知ってもらうことができます。

 

個人経営の場合には、店舗を出す費用などで苦労することも多いです。

仕事に繋がる方法は何か?

という選択肢のひとつになるかと思います。

 

 

また、飲食店やリアルで人と向き合う職業の場合には、店舗が必須になるでしょう。

駅から遠いから儲からない。場所が狭いからお客さんが来ない。

このようなこともあるかもしれませんが、世の中のツワモノ経営者の中には、最悪の条件を『隠れ家』的に表現して成功している。

 

特徴としては、地域密着、リピーター、紹介、長期戦略が含まれます。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、経営者やスタッフの人柄や行動も重要になる集客方法です。

 

小冊子

小冊子は無料で提供していき、成功事例やビフォーアフターなどを紹介したり、小冊子を届ける人に有益な情報を提供する方法です。

 

配布方法も幅広く取り扱えるので、新規〜リピーター獲得に活かせるのが小冊子の特徴です。

例えば、家をリフォームしようか悩んでいる時などに、『こんなに綺麗になりました!!』という写真付きの小冊子や【家を守るチェックリスト】などが届いたらとても参考になります。

 

どの集客方法にもいえることですが、集客力のある方法というのは、相手の立場にたてた時に結果が良くなります。

 

 

特徴としては、地域密着〜幅広くファンを捉える、初〜長期と広く大きく捉えていく集客方法です。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、見込み客により役にたつ情報を提供できると利益拡大に繋がります。

DVDの提供

小冊子をDVDにして提供していく方法です。

 

小冊子では伝わらない音声や動きで、ブランディング力を高めたり、説得力をアップします。

DVDの提供を行う事で、新規顧客〜既存の顧客・リピーターへのファン拡大を目指す場合やバックエンドを提供する為のオファーなどにも影響力を発揮する方法です。

 

特徴としては、地域密着〜幅広くファンを捉える、初〜長期と広く大きく捉えていく集客方法です。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、見込み客により役にたつ情報を提供できると利益拡大に繋がります。

 

ダイレクトメール(DM)

ダイレクトメールは単価が高いので、なかなか手を出せない集客方法です。

宛名を書いて、封入作業を行うことはとても労力のいる作業です。

それでもダイレクトメールを行うことで直接届けたい人に届くのが、ダイレクトメールの最大のメリットでもあります。

 

特徴としては、コスト高い、直接的、地域密着、新規〜常連まで幅広く捉える事のできる集客方法です。

 

集客力:反応率の目安は3%以下と言われています。

FaxDM

FaxDMは、Faxを使い行い送信をするため、あまり費用のかからない集客方法です。

 

集客をする側にはメリットはありますが、見込み客にFaxが届く際、用紙を使って貰わなくてならないので、先方が興味のないDMだったりすると、イメージも良くありません。

 

ぼくの経験では、忘年会シーズンに飲み会の情報がFaxDMで届き、そのお店に行ったことがあります。

タイミングと情報がマッチしていると、見込み客にも有益な情報になり喜ばれます。

 

特徴としては、コスト安い、地域密着、新規〜常連まで集客できます。

集客力:反応率の目安は1%前後と言われています。

お客さんからの紹介

 

お客さんからの紹介が集客方法としては、最高にして、最大の集客力がある方法ではないでしょうか。

どんなに良い商品をお届けしても、スタッフの対応が悪ければ、お客さんから紹介を受けることはありません。

ニュースレターを出したり、その他の仕掛けでファンになってもらえると、お客さんからの紹介で客単価0円という効果の高い集客ができます。

 

お客さんが紹介してくれた方は、信用と信頼がある会社(個人)と思いやってきてもらえるのでそこもメリットのひとつです。

 

 

お客さんからお客さんへと輪が広がり商売繁盛の形ができるようになります。

 

特徴としては、長期的、信用・信頼から成り立つ集客方法。

集客力:反応率の目安はありませんが、きっかけができれば雪だるま式に大きくなる可能性があります。

 

テレフォンアポイントメント

テレフォンアポイントメントは電話で行う集客方法です。

通称:テレアポと呼ばれています。

テレアポではリストを見て、電話をかける集客方法ですが一方的な手法なのであまり好かれません。

 

リストの入手先や手法としても難しいです。

携帯電話の無料通話分などで、かける事ができ、コストは下がるけど信用も下がる可能性があります。

 

 

また、1件1件に連絡をしなくてはならないために、時間がかかり、業者に依頼しておこなうほうが効率的です。

個人経営の方や個人事業主の方は、業者に依頼するのも難しいことかも知れません。

 

特徴としては、的を絞り集客できる方法、地域〜広範囲で集客できる。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、あまりおすすめできる方法ではありません。

無料セミナー

無料セミナーは、無料で有益なセミナーを行い、最後に会社や個人の事業であったり、商品を紹介する方法です。

 

無料セミナーに集まる人は、その会社や個人に興味があり足を運んできてくれますので、とても濃い見込み客が集まっていると言えます。

 

セミナーにつける名称でも成約率がかわると言われています。

 

 

また、時間の関係上、フルに伝えられないことがあるのは仕方がないことですが、出し惜しみをしている無料セミナーでは成約率は取れませんし、相手もそれを感じてしまうものです。

 

一連の流れを解説して、本当に役にたつものや、本当に良い物だということを伝えることで成約率も高くなります。

 

特徴としては、地域密着型〜エリアの拡大、新規顧客、速効性のある集客方法です。

 

 

集客力:反応率の目安は10%前後です。

 

展示会

展示会は、数日間で効率よく、興味のあるお客さんを集める事のできる集客方法です。

 

展示会は、東京ビックサイトのような場所にブース(1区画)を借りて出店したりできる数日限りに集客する方法です。

 

興味がある人が見に来る事から爆発力があり、短期間で集客できる方法になります。

 

特徴としては、地域密着型〜エリアの拡大、新規顧客、速効性のある集客方法です。

 

 

集客力:反応率の目安はありませんが、ブランディング力を高めることも可能です。

 

顧客にメール

顧客にメール送る集客方法は、すでに一度ぼくたちの商品を購入して頂いたお客さんに、その後の様子をお伺いしたり、することで新たな新規開拓やリピートに繋げることができます。

 

商品などが売れたあとのアフターが良くないので、リピートに繋がらない場合などに、その解消策とも言える方法にもなります。

 

購入した側は、そのまま放置されても、あまりなにも感じませんが、気にかけてくれる、またはその時に有益な情報を届けて貰えるのであれば、その会社や個人と繋がっていたいと思うのが普通です。

 

特徴として、リピーター、ブランディング力向上の為。

 

集客力:反応率の目安は3%前後、顧客にお得な情報を届けたり、興味のある情報を提供することで反応率も向上します。

 

ウェブサイト

ウエブサイトは、インターネット集客でメインとも言える方法です。

SNSの活動が今目立っている中、『ウェブサイトは、もうダメだな!』という声も多く聞かれていました。

ところが、SNSでの限界が見えてきた事もあり、再度、脚光を浴びている、またインターネットに精通するすべてを集約するのがウェブサイトだということが再認識されてきました。

 

コンテンツが重視しされ、内容をしっかりと評価してもらえるようになったことが、ウェブサイトの重要性を高めてくれたのかもしれません。

とは言え、今まではコンテンツが重視されていなかったの??

と考えると一時衰退してしまったのも納得なところもあります。

 

なので、これからウェブサイトを始める、または続けている方はコンテンツを大切に、相手が欲しい情報を発信していくことが、重要です。

 

 

特徴としては、中〜長期集客戦略になります。

 

集客力:反応率の目安は1%前後です。

 

ブログ

ブログでは、日記を書いていくことで、アクセスを集める方法です。

ブログ=日記として捉えればあまり集客方法としては、アクセスは集められないでしょう。

 

しかしブログに日記のように記事をかきながら、有益な情報を発信していくことで、アクセスは確実に集まる様になります。

 

 

つまり、日記としてブログを扱うのではなく、情報発信としてユーザーが求めていることを書き留めるということが重要になります。

 

例えば、『今日、カブトムシを裏山に取りにいきました』という情報発信をするより、『◯◯公園にこの様な仕掛けをしたらカブトムシが3匹取れました』という情報発信をしていったほうが、人は興味が持てます。その内容に仕掛けの作り方やマナーなどを含めて書いてあげればよりユーザーが興味をもって貰える内容になります。

 

逆に『俺は◯◯だ!俺は◯◯◯◯に行ってきて思う』などと書いても、芸能人でない限り共感も得られないし、面白みに欠けてしまいます。

 

 

相手に知りたい情報を細かく伝える事でアクセスが集まる様になります。

 

特徴としては、中期〜長期にかけての集客方法になります。

 

 

集客力:反応率の目安は1%前後です。

 

アメブロ【無料ブログ】

アメブロは無料で行える集客方法として良く知られている集客方法です。理由はブログを書けばアクセスが集まると言われていたことがあるからです。

 

ところが今では更新がされていないブログも多くなりました。

アメブロやその他の無料ブログはとても検索にも反映されやすくて良いと思うのですが、集客方法としていつ閉鎖になるのかわからない為、資産にならないブログとなる可能性があります。

 

せっかく検索上位にいったとしても、閉鎖となれば、そこで全てがおしまいでなにも残らなくなります。

 

 

そして、先ほどブログの所でも解説させていただきましたが、アクセスを簡単に集める事が出来るのは、有名人だけです。

 

 

もしあなたが有名人ではないのであれば、読者が訪問してきてくれた時に、読者を刺激するような情報を提供していないと人は集まりません。

 

仮に訪問してくれたとしても、良い情報がなければリピートしてくれることも無いでしょう。

 

特徴としては、無料、中〜長期集客、有名ならば有利、資産にならない集客方法です。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、有益な情報から繋げることのできる商材を置いてアフィリエイトやPPC広告へ誘導などもできます。

 

 

オウンドメディア

オウンドメディアはブログやウェブサイトを利用して情報発信をしていきます。

 

ぼくがお伝えするときは、ホームページ型ブログなどと呼ばせてもらっています。

WordPress(ワードプレス)が初心者からでも扱いやすいもので、ぼくも集客方法を学び始めたときに導入していて、人におすすめするときにもワードプレスをおすすめしています。

 

文書自体も直感的に書けるし、アレンジ(文字に色を付けたり、太字にしたりetc)も導入しやすく、画像の添付やファイルの添付も簡単。

 

そして、どんな業種にも合うアレンジ(プラグインを導入)できる点がとても好意がもてます。

実際にサイトを作成してアクセスが集めやすいページを作りやすかったのもとても良い点です。

 

特徴としては、中期〜長期での集客方法になります。また、どんなページにも応用が効く集客方法なのでとても扱いやすく結果も残しやすい方法でもあります。

 

集客力:反応率の目安はありませんが、インターネット集客の基本中の基本でありながら、確実にアクセスを集めていける方法なので、とてもおすすめしている方法です。

ランディングページ(LP)

ランディングページではPPC広告などから誘導して、1ページの長い広告を載せて販売へ誘導していく時に使う集客方法になります。

 

 

構成としては、◯◯に悩んでいませんか?などと検索キーワードで悩みを明かしているユーザーに対して、訴える様な構成になっています。

最後まで読んで行くと、そこに購入するためのボタンが設置してあり購入してもらう仕組になります。

 

なので、ある程度深い悩みを持っていたり、深い願望を持っているユーザーを誘導する際に、しっかりとした根拠を示していけるページを作り上げる事ができます。

 

特徴としては、PPC広告など広告費をかけて行うために、実際に反応は即日得る事はできます。広告費をかければ、それだけ露出も増えますが、注意点としては、広告費をかけすぎていないか。この点も適正をみていく必要があります。

広告費をかけすぎている場合利益に繋がらない場合もありますので、注意が必要になります。

 

集客力:反応率は1%前後と言われています。この反応率に対して広告費がいくらかけられるのかをテストしていくと良いでしょう。

 

Facebook

Facebookで集客をする場合には、Facebookがあなたの商売とマッチしているかどうかという事を確認する必要があります。

Facebookの繋がりはリアルに繋がっている人や昔繋がっていた人たちと交流を持つための場所だということを前提にして広告や勧誘をするべきかどうか?ということも視野にやる必要があります。

 

例えば趣味や個人店であれば、割と受け入れてもらえる事もあるでしょうが、良く思わない人もいることを忘れない様に、関係を悪化させないように使って行きたいものです。

 

Facebookを利用できる商売であれば、逆に強力な武器になってくれるでしょう。

SNSの中では安定感のあるものだと感じております。

 

 

特徴といては、身近な友人や知り合いからの勧誘が可能になります。

また、Facebookには、個人からの投稿とFacebookページというものを開設して行う方法があります。

 

その部分を利用して上手に集客していきましょう。

集客力:反応率の目安は特にありません。

 

 

 

Twitter

Twitterを使い集客をするときに、世代が大きく関係してきます。

20代前後を集客の対象にした場合には、とても情報発信の場所としてマッチしてきます。

 

また、情報自体が生ものの扱いをするTwitterなので、最新情報や最新版の商品を紹介するのには適しています。

しかし、現状でおおっぴらに情報を発信して、頻度が多いとアカウントの停止などにもつながったり、通報されたりしてしまいます。

 

有料でのTwitter広告などで対応するのが良いでしょう。

しかし、Facebookと同様でコミュニケーションを楽しむSNSの為、適正かどうかを判断して利用していきたいものですね。

 

スマホサイト

スマホサイトはウェブサイト制作の段階で、スマホサイトにも対応している物を選ぶ事で、わざわざスマホサイトを作成する手間がなくなります。

 

インターネットサイトと呼ばれているものの、今ではスマホからの検索が70%前後となっているのが現状です。

なので、スマホ対応にしていないサイトは今後、Googleからもお達しが出ているように検索順位を下げて来るでしょうと言われています。(現状では、スマホサイトのみ)

 

ぼくのサイトは、特に問題がありませんが、実際にスマホ対応の施工をおこなっていないサイトでは、早くからスマホ対応をしていくことをおすすめします。

特徴としては、老若男女世代を問わず、スマホからならば検索できるので、その部分で考えると強力な集客方法です。

 

注意点としては、スマホサイトとパソコンサイトでの見え方の違いがあるので、その部分を工夫することが大事です。

インターネットをパソコンから見た時にしっかりとデザインされていても、スマホサイトからみるとデザインがガタガタ・・・

 

 

なんてサイトもよく見かけます。

あなたのサイトはスマホサイトではしっかり見られるサイトになっていますか?

 

集客力:反応率の目安は特にありません。

 

まとめ

集客力のある集客方法は、行っている業種や業態にも関係しますが、基本の部分は変わりありません。

それは、『お客さんのため』になっているのかどうかです。

とても良い商品を持っているのに、お客さんにとってのメリットがうまく伝わっていない場合も非常に多いです。

お客さんにとってのメリットが伝えられるサイトになれば、反応率も高くなりますし、良い商品であれば更にリピート、口コミも広がります。

 

 

まずは、あなたの扱う商品の魅力などはなにか?などを打ち出して、それにあった集客方法を探していきましょう。

 

 

 

【対応業種】

  • 居酒屋
  • カフェ
  • 英語教室
  • 飲食店
  • 運送業
  • 牛丼屋
  • 映画館
  • エステ
  • 英会話教室
  • おもちゃ屋
  • お弁当屋
  • お菓子屋さん
  • 会社
  • カラオケ
  • 喫茶店
  • クリーニング
  • 車屋
  • クリニック
  • 建設業
  • 建築業
  • ケーキ屋
  • コンビニ
  • 工務店
  • サロン
  • 酒屋
  • スーパー
  • スポーツジム
  • 寿司屋
  • スポーツ店
  • スナック
  • スロット屋
  • セレクトショップ
  • そば屋
  • 葬儀屋
  • 痩身エステ
  • タバコ屋
  • タクシー
  • チェーン店
  • フランチャイズ
  • 通販サイト
  • 釣具屋
  • 定食屋
  • 時計店
  • 図書館
  • トリミング
  • トレーニングジム
  • 肉屋
  • ネットカフェ
  • ネイルサロン
  • ネットショップ
  • 飲み屋
  • 農業
  • ハンバーガー
  • コッペパン
  • 花屋
  • 泌尿器科
  • 引越し
  • 不動産屋
  • 服屋
  • 古本屋
  • 古着屋
  • 駐車場
  • ヘアサロン
  • ヘルパー
  • ヘアメイク
  • 本屋
  • ホテル
  • ホームページ制作
  • 漫画喫茶
  • マツエク(まつげエクステ)
  • 民宿
  • メガネ屋
  • モーテル
  • 薬局
  • 焼肉屋
  • 遊園地
  • 輸出
  • 洋服屋
  • 幼稚園
  • 予備校
  • 洋食屋
  • ヨガ
  • 洋菓子
  • ラーメン屋
  • リサイクルショップ
  • レストラン
  • レンタルビデオ
  • レンタカー
  • 和菓子屋
  • 和食
  • 和菓子
  • 農業
  • ガソリンスタンド
  • 学習塾
  • 楽器屋
  • 学童
  • 学校
  • ガールズバー
  • アパレル
  • 学童保育
  • 魚屋
  • 行政書士
  • ギター教室
  • グループホーム
  • ゲームショップ
  • ゲームセンター
  • 呉服屋
  • 語学塾
  • ゴルフショップ
  • ジム
  • 脱毛サロン
  • 大工
  • ダーツバー
  • ダンススタジオ
  • 電気屋
  • 電気工事
  • デイサービス
  • 動物園
  • 動物病院
  • ドラッグストア
  • ドーナツ屋
  • ドッグカフェ
  • 猫カフェ
  • フクロウカフェ
  • 爬虫類カフェ
  • ドイツ語
  • ドッグラン
  • バー
  • 美容室
  • 病院
  • 美容院
  • ブティック
  • ブランド
  • 文房具屋
  • ブライダルエステ
  • ブックカフェ
  • 弁当屋
  • 勉強
  • 家庭教師
  • 弁護士
  • 便利屋
  • カフェ
  • 簿記
  • 牧場
  • 貿易
  • ボイストレーニング(ボイトレ)
  • パン屋
  • パチンコ
  • パーソナルジム
  • ピザ屋
  • ピアノ教室
  • プログラマ
  • プラモデル屋
  • プラネタリウム
  • プリザーブドフラワー
  • ペットショップ
  • ペットシッター
  • ペットホテル
  • ペンション経営
  • CDショップ
  • 100円ショップ
  • 1,000円カット